スポンサーサイト

duo scherzo

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted byduo scherzo

タイ めめみほ珍道中④ リサイタル(バンコク)の巻 

duo scherzo

-
8月30日 バンコクリサイタルの巻

今日は朝出発前に、ハイアットリージェンシーホテル玄関で、
Mr.Mongkol ご夫妻とタイの民族楽器のプレイヤーとともに記念写真を撮り、
リムジンバスに乗って約3時間バンコクへ。

ホアヒン Mr.Mongkolご夫妻と

移動中にみつけたのですがセブンイレブンとシェル石油があちこちにありました。

バンコクでのスポンサーさんは エータスホテルバンコクです。
エータスホテルバンコク めめ

ホテルに到着すると 総支配人さんが花束を持って 歓迎してくださり 
総支配人室に通され オレンジジュースをいただきました
ふと 壁に掛かった大きなに目をやると「落語」が流れていました。
総支配人さんは私達がを見たのに気がつくと 「ジャパニーズ 落語」と 
かなりのどや顔で言われました。
どうやら、私達のためにわざわざ「落語」を映してくださったようです
(家でもなかなか見ないんだけど…愛想笑い)
その後 1502号室のお部屋へ。
とても大きなお部屋で ベットの上にはまたもや花束が 感激です。

バンコク 花束

その後、今夜のコンサートまでの予定をMr.Mongkol さんが
説明してくださるのですが、細かいニュアンスがわからず困っていたところ、
なんと総支配人さんの秘書さんが少し日本語が出来ると言うので、
すかさず「Mr.Mongkol さんは 今、なんて言いはりました~?と聞くと、
目をパチパチして困っていました
ん~? 関西弁では通じないのね
そろそろ時間も1時を過ぎ、お腹もすいたので、
ホテルのレストランへでブッフェを食べました
ところで、今回バンコクに行くにあたって 皆様から「タイは暑いで~と、
アドバイスをいただいたのですが、私達が乗せていただいたリムジンバスも
ホテルも空港もすべて冷房が22℃設定でガンガンに冷やされていて、
寒くて寒くて体の芯から冷えました。
「なぜこんなに冷やしますか?」と尋ねると、
タイでは歓迎の度合いを冷房の温度で表すとのこと
つまり22℃は大歓迎らしいですが、
冷えっ冷えっの嬉しくもつらい歓迎になってしまいました。
これぞまさに「ところ変われば品変わる」といったところですかね?

ランチの後、ホテルの玄関前で写真を撮っていると、草陰にあやしいおじさんが

エータスホテルバンコク みほ

慌てて「目ぇ合わせたらアカンで! No.Thank Youや!」と、
足早にその場を立ち去ろうとしたら、
芝生の横にリヤカーやほうき、ちりとりが置いてあるではないですか!!
ってことは、お掃除のおじさんが草陰で休憩していただけ~。
またもや、「I'm sorry ごめんなさいでしたか…

さて、今夜のホールは
ゲーテ・インスティテュートホール
クラシックな感じで素敵なホール。

ゲーテ・インスティテュートホール ポスター
ゲーテ・インスティテュートホール バンコク

最初、舞台そでからのぞくとお客様が3人にみえて
テンションが下がりそうになりましたが、
「たとえお客様が1人であっても心を込めて弾こう」
と、
2人で気合を入れいざ舞台へ
ところが舞台そでからは客席全体が見えなかっただけで、
実はたくさんのお客様が来てくださっていて嬉しくなりました
また、このホールは演奏中、客席を真っ暗にして舞台だけ照明がつくので、
まるで2人だけでホールで弾いているような感じで、
大変集中していい演奏ができました

バンコク ゲーテ インスティテュート

お客様の反応もよくて、今回のタイツアーの為に
恩師の中澤道子先生が作曲してくださった「Capriccio」では
「ビューティフル!」
と言う声をいただきました。
コンサート終了後も写真撮影やサインでまたもや、
アイドルと勘違いしそうな2人でした

バンコク エータスホテル総支配人

明日は、チェンマイへ朝1番の飛行機で向かいます。
4時に起きるので3時間の睡眠ですが、がんばります。
今日も1日ありがとうございました。おやすみなさい
 
 
 



♪読んでくださって、ありがとうございました♪
 拍手やコメントをくださる場合は、拍手ボタンからお願いいたします(^^ゞ

Posted byduo scherzo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。