ワルシャワ観光~シュツァブノ=ズドルイ

duo scherzo

-
8月20日(火)晴れのち大雨

今日は午前中、ワルシャワ観光に行きました

820-1.jpg
(朝食、ハムやチーズがいっぱいで おいしかった!!。。。食べ過ぎ?)


贅沢にホテルまで車でお迎えにきてもらって、観光へ

820-6.jpg
(ベンツです!!)


820-2.jpg
(憧れのワジェンキ公園)


ショパンが柳の木の下に座っている像です。ヨーロッパの柳は日本とは全然ちがうな~

820-3.jpg



公園の隅にはなんと!!リストの像が。

820-4.jpg


ガイドさんのバシャさん

820-5.jpg



820-12.jpg
(ショパンの住んでいた家)


ショパンの住んでいた家の前にはワルシャワ大学が。(東大レベルらしいです)

820-13.jpg
(バシャさんはワルシャワ大学の日本文学の出身で、日本語も日本史も素晴らしいです)


ワルシャワで一番行きたかった、聖十字架協会へ

820-7_202001011828309ec.jpg


820-8.jpg



820-11.jpg


この下にショパンの心臓が眠っています

820-9.jpg


820-10.jpg



ショパンがバラードを作曲するきっかけとなった、詩人ミツキェヴィチの像

820-14.jpg



ショパンがワルシャワを出るときの最後の場所、郵便局(郵便馬車にのっていった)

820-15.jpg


820-16.jpg
(パデレフスキーがいたホテル)


820-17.jpg
(王宮広場)


バシャさんは、日本の歴史と絡めてポーランドの歴史を教えてくれたのですが・・・
日本の歴史をわかっていない私たち・・・
ポーランドの地でポーランド人に、日本の歴史を教えてもらっている私たちって・・・


820-18.jpg
(街と住民を守っている人魚の像:旧市街地の歴史広場)


820-19.jpg
(ワルシャワショパン音楽大学)


820-20.jpg
(壁も音楽~🎵)



ショパン博物館へ

820-21.jpg


30分しか時間がなくて、駆け足で回りました

820-21-1.jpg
(ショパンのピアノ)


820-22.jpg
(ショパンの手とめめの手)


820-23.jpg
(ショパンの手とみほの手)



博物館の後、ワルシャワショパン空港へ

820-26.jpg


820-24.jpg
(マックカフェで昼食)



空港ピアノを演奏しました🎵アンコールもいただき楽しかった!!

820-25.jpg
(空港ピアノから、ホテルも見えます)


この後ハプニング①が起こりましたが(内緒…)、ポーランド航空 Lot3847 16:30発 でヴロツワフへ
ヴロツワフには1時間遅れで18:25着。大雨です。
瀬田清史先生がお迎えに来たくださいました。
そのままシュツァブノ=ズドルイにある瀬田先生のおうちへ。
ピアニストの瀬田敦子先生はシュツァブノ=ズドルイの名誉市民で2年前から住んでおられます。
とてもおいしい、うどんすきをいただきました。

そして今日のお宿、キャメロットホテルへ

821-1.jpg



明日はとうとうヨーロッパデビューのリサイタルです

おやすみなさい




♪読んでくださって、ありがとうございました♪
拍手やコメントをくださる場合は、拍手ボタンからお願いいたします(^^ゞ

Posted byduo scherzo